に投稿 コメントを残す

雨ざらし屋外サインの劣化について。

弊社サインは木固めポリマー下地+セラミック撥水塗装塗り重ねによる、「自然な風合いでありながら耐水性がある塗装」を心がけております。しかしながら、雨ざらし屋外サインに関しましては劣化のスピードが早く、数ヶ月と塗装が持ちません。
大変心苦しいですが、雨ざらしにならない軒下でのご使用をお勧め致します。もしくは屋外看板は樹脂製、ステンレス製をお勧め致します。

施工3ヶ月後、
西日と連日の大雨で、完全に色褪せてしまいました。

サイド木口割れも進行しております。
天然木の宿命です。

念入りにペーパーがけ

小割れ箇所に樹脂装填、補修。

最後に、特別に取り寄せた紫外線耐性のある塗料を塗りました。(乾燥7日もかかりますが、これ以上の木工屋外塗料はありません。)

それでも半年ごとに再塗装をおすすめ致します。

以上、雨ざらしの屋外サインにつきましての注意点でした。

何卒ご了承くださいますようお願い致します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


※お名前はニックネーム、製造番号等でお願い致します。