木の取り扱い説明書(釣具用)

一般製品用の説明書PDF⇒こちら

釣具用の説明書PDF⇒こちら

この度は ZUKOUSHITU の製品をお買い上げいただきまして誠にありがとうございます。製品を末永く使っていただけるよう、いくつかポイントをご説明致します。

・餌箱に水を入れるのは釣行中のみにとどめ、なるべく長時間水を入れないようにしてください。天然木箱の寿命を縮め、膨張変形、蓋が閉まらない、割れなどの原因となります。
・開封直後は塗料の匂いが残っており、木にオイルを十分馴染ませておりますので梱包材にシミがついている場合がございますが、体に害はございません。気になる場合は軽く布で拭いてください。しばらく使用しているうちに薄れます。
・木製品は基本的にプラスチックや金属よりも衝撃に弱いです。急激な開け閉め、引っ張り、落下、締め付け等はなるべくなさらない様にしてください。
・長時間のエアコンの風、直射日光は割れ、反りの原因となります。お避け下さい。
・海水等がかかった使用後は真水で軽く洗い流し、日陰で風通しの良い場所でゆっくり乾かし、表面の水気が引きましたら蜜蝋、オイルワックス等を柔らかい布に馴染ませ薄く延ばしてワックスがけをしてください。(塗り続けるほどに浸透硬化し艶が出る亜麻仁油入り蜜蝋をお勧めします。ネットで数百円と安く販売しております。)
・金属部分は軽く布で拭き、錆止めオイルを軽くスプレーするか、数滴を薄く延ばしてください。蜜蝋をついでに塗っても効果はあります。また、丁番の鳴きも起きにくくなります。かけすぎるとしみになりますので、加減してください。(エーゼット 216H 錆止めが強力でお勧めです。)
・乾燥、ワックス後は箱に密閉し、湿気のない日陰にて保管すると、反りの発生が少なくなります。
・あて傷ができてしまい気になる場合は、水滴を垂らし、アイロンを軽く充てるとスポンジの様に傷の凹みが膨らみ、緩和されます。
【漆仕様の場合】
・洗剤での洗浄は避け、水で軽く洗い流し、布で軽く拭き取る様にしてください。
・漆塗り仕様の商品も、メンテナンスとして定期的に蜜蝋を塗っていただくと艶を保つことができます。
・破損により、修復を希望される場合は別紙の販売証明書の内容を弊社までご連絡ください。購入時期、状況、程度により無償、有償、交換、不可のご相談をさせていただきます。交換の場合は、同じ木目で交換ができないことをご了承ください。

Print Friendly, PDF & Email